真空管キットから真空管オーディオの修理までフォルテシモオーディオへお任せください!
                         

フォルテシモオーディオでは真空管キットの開発製造販売、
真空管オーディオ機器の修理を行っております。
自作からメーカー製機器の修理調整までお気軽にご相談ください。





以下ごく一部ですが修理暦です。
今後順次掲載いたします。




真空管オーディオ修理ご依頼下さい
キット未完成品の組み立てもお気軽にどうぞ。
現在中国製品の修理、改造[改善]も行っています。

修理検査

国内外メーカー製真空管アンプ
自作キット真空管アンプの修理製作委託
販売ショップ様の修理受付

*OTL、ハイブリットアンプ[トランジスタ+真空管]
トランジスタアンプ、カーオーディオの修理は行っておりません。



オリジナルを生かした修理その他全分解して再配線を含めたレストアも可能です。

ご希望により修理だけではなく修理と同時に設計回路改造[改良
などもおこなっております。


当方で修理をご依頼いただいた製品はすべて
無料にて耐圧試験機にて試験を行わせていただいております。



現品検査御見積もり費用[修理なしの場合]:一律1.5万円(消費税、送料別途)

*修理開始の場合上記費用は修理代金に含みます。[修理実行の場合見積り無料

送付方法につきまして

修理検査依頼品を当社営業所までお送り下さい。

お送りいただく場合は梱包を厳重に行ってください。
(持ち込んでいただければ送料はかかりません 
お越しの際はお電話をいただけますと受付がスムーズになります。
平日10時〜19時、土曜日曜祭日はお電話にて予約受付対応)

〒505-0014
岐阜県美濃加茂市下米田町則光10-1
フォルテシモオーディオ
美濃加茂営業所 
木村


お見積もりの送信
(メール、FAX)
修理、内部改造技術料の目安3〜6万円程度+修理部品代金
オーバーホールの平均費用:12万円〜(プリアンプの場合別途加算)
修理の内容[一部修理、全オーバーホール]や交換部品数量により費用は上下いたします。


お客様より修理の正式依頼


修理開始−終了のお知らせ



修理費用のお支払い
修理が高額な場合は作業開始前に取り掛かり費用として一部のお支払を
お願いする場合がございます。

完成品の返送



保証
修理箇所(真空管、消耗交換部品を除く)につきましては1年間の保証とさせていただきます。
(交換部品[真空管除く]に関しましては90日の保証となります)

オリジナル製品(委託製作)につきまして1年間の保証となります。

その他修理改造中のものは
順次UPさせていただきます。


Lux Kit A3700すべて分解


オーバーホール後


LUXKIT A3700 レストア


LUXKIT A3700
音量ボリューム交換
バイアスボリューム交換(ご要望により前面に配置)*調整用測定端子設置
スピーカー端子RCA端子交換

大事にされていたA3500を復活。
滋賀県からお持込いただきました。
ご相談の上レストア開始

LUXKIT A3500レストア 参考費用4万円〜[交換部品含む]
バイアスボリューム、入力ボリューム交換
結合コンデンサ電解コンデンサ交換
OFC配線に全引き直し[はんだ修正]
カソード抵抗10Ω追加

修理前/修理後




LUXKIT A3500 フルレストア 出力UP 2台
コンデンサー、抵抗、ボリューム劣化部品全交換 真空管交換 SP端子交換
トランス:タンゴ交換[タンゴトランスはお取り扱いを終了いたしました]
出力UP改良 35Wから最大出力133W(1KHz 0.1%55W 5%80W 10%133W)




LUXKIT A2500 レストア
コンデンサ、真空管ソケット(金メッキ)、ボリューム[半固定含む]、内部配線引き直し
ヒューズホルダ、電源スイッチ交換[一部破損抵抗]ダイオード交換
トランス:タンゴへ交換




LUXKIT A3300 レストア
コンデンサ、真空管ソケット(金メッキ)、ボリューム、内部配線引き直し
ヒューズホルダ、[一部抵抗]ダイオード交換

ラックス A3300

名古屋からお持込いただきました。
ダイオード交換



Lux Kit A1020
大学時代に製作された大変思い出のあるアンプをご依頼いただきました。
なつかしい音に幸せを感じるとのお言葉をいただきました。
ほんとうにうれしいお言葉でした。

全コンデンサ0−交換、ダイオード交換、一部配線取替え
バイアス用半固定ボリューム交換及び調整作業
 

SQ38Dフルオーバーホール

LUXKIT SQ38D
コンデンサー、抵抗、ボリューム劣化部品全交換 端子交換
出力トランス:橋本トランス交換修理
出力管6RA8から今後のメンテナンスを考え6BQ5へ変更

ご友人から頂いた思い出のアンプをご依頼
大変喜んでいただけました。
お手伝いさせていただきうれしく思います。


ご希望により端子類の交換も可能

LUXKIT KMQ60 参考費用4万円[交換部品含む]
バイアスボリューム、入力ボリューム交換
結合コンデンサ電解コンデンサ交換
カソード抵抗10Ω追加

LUXMAN LX-360 ボリューム交換



845 プッシュプルPP アンプ
パワーアップ、回路変更 コンデンサー交換劣化部品交換 
電解フィルムコンデンサー シズキ
75Wから出力UP 最大193W(1KHz 1.7%100W)
 
 
マイクロコンポーネンツ #301
真空管アンプ修理

KT88をEL156仕様にとのご依頼
滋賀県からお持込頂きました。

A&M製シングルアンプ
改造内容
EL156へ回路変更。[出力管ソケットプレート取り付け。落とし込み]
定数変更。
NFB切替スイッチを増設。6段[0-4.5-7-9.5-11.5-15.5dB]
コンデンサー交換追加
各部配線引き直し

出力8Wから15Wへアップ


ヒューズ切れでの修理ご依頼
テクニクス SU-30A

修理内容
ダイオード、トランジスタ交換


オーバーホールご依頼
テクニクス SU-30A 2台目
RCA端子すべて交換、真空管ソケット、コンデンサー全交換、配線引き直し
DENON
プリアンプ PRA−1000B オーバーホール

交換部品写真(トランジスタ交換、コンデンサー、半固定抵抗、ダイオード、
真空管ソケット交換、ソケット部配線引き直し、背面RCAジャックロジウムに変更)



出力管LK460 35年前に自作されたアンプを持ち込みいただきました。

症状:ハムノイズ、音の劣化
修理内容:コンデンサー交換、配線引き直し

6C33PP
トランス付
大切にされていた自作アンプ滋賀県から持込いただきました。
ソケット交換、コンデンサー交換



修理前                        オーバーホール後

KT88とトランスのみ再使用しフルオーバーホールを行いました。
コンデンサー、真空管ソケット、電源ソケット、6BH7*4本、配線引き直し、
スピーカー端子RCA端子はロジウム仕様
ケースからすべての部品を外して行っています。

5極設計を3極接続に変更しています。
70W+70W 低比率に仕上がり高音が伸び低音にしまりが出ました。



6BX7 PP
大切にされていた自作アンプです。

コンデンサー、ダイオード、ボリューム交換

エレキット 6L6 シングルステレオ
ヒューズ飛び

ご近所からお持込いただきました。ありがとうございます。
ヒューズ、ダイオード交換 原因コンデンサー交換

ダイナコ PAS-2

コンデンサー、電源スイッチ、バランスボリューム交換
配線修正


ダイナコ プリアンプ PAS3-X


ダイナコ DYNA KIT MarkV
電界コンデンサー、フィルムコンデンサー、マイカコンデンサー、抵抗交換
配線修正

Golden Tube Audio パワーアンプ SE-40
症状:抵抗の劣化破損 バイアス調整不良修理

アルテック ALTEC1520T

6L6出力管バイアス回路改造
(ボリューム交換 コンデンサ、抵抗、ラグ板交換)
初段管補正回路コンデンサー抵抗交換 24H連続動作検査


アルテック ALTEC1569A 4台


Audio Innovations Series 400 オーディオイノベーション 400
ノイズ発生、修理及び劣化部品交換
真空管12AX7、真空管ソケット、コンデンサー、スイッチ、ボリューム交換


Audio Innovations Series オーディオイノベーション FAA
電源入らず ヒューズが飛ぶ
電源トランス不良 トランス巻き直しの上交換
電解コンデンサー500V100+100μF 2個交換、ダイオード4個交換

211 シングルアンプ
ハムノイズ発生、パワーが出ない症状修理及び劣化部品交換
パワー不足原因究明、コンデンサー交換

6C33C シングルアンプ KA3300キット 2台

異常音症状修理及び劣化部品交換
コンデンサー交換、ソケット交換、劣化部品の交換ご依頼

モジュールすべて分解してのオーバーホール
マイケルソン&オースチン
TVA-1

音質低下 片チャンネル不良
修理、フルオーバーホール[改造があったため純正回路へ変更]長期間エージング

Mcintosh MX110

Mcintosh c26

REXER Valve100 6L6

Yaqin MS300Ca
中国製アンプYaginブランドのアンプ修理行っています。

AUDIOROMY 845
オーバーホール 電源回路破損(トランジスタ)
電源回路をすべて標準仕様に変更

AUDIO SPACE AS-300B MK2
内部焦げ不具合調査、調整、抵抗交換


QURD 405-2 スピーカー端子、専用
ジャックになっている入力をRCA金メッキタイプに加工 音質向上

EAR859
真空管交換、調整
SONYテープレコーダー修理

思い出の真空管ラジオをお孫さんに差し上げたいとのご依頼で修理