EAR
  
 EAR オーディオアンプ修理例

EAR 859


EAR859多数修理しています。
真空管交換、調整


電源トランス破損、出力トランス破損、真空管交換
オーバーホールのご依頼を頂きました。
------------------------------------------------------------------------

EAR859

真空管交換、調整
コンデンサー、ボリューム交換
真空管ソケット交換
*真空管はお持込いただきました。

-----------------------------------------------------------------------

EAR859[EL309]

症状:パワー上がらない(歪みの発生)ノイズの発生

修理内容: 回路解析、各部電圧測定

歪みの発生:90mWより歪みが大きく発生(10%以上)
原因推定:前修理者さんによる修理または改造途中での断念                         

1:回路解析の結果 標準回路が変更されていることを確認
PCC88前段真空管にあった抵抗が焼損にて欠落 前修理者による抵抗取り外し及び抵抗変更

抵抗取り外し及びバイアス用プレートに欠損した抵抗を追加いたしました。

2:EL309パワー管のバイアス調整
抵抗追加による正常値への調整
-----------------------------------------------------------------------


EAR859

状態:真空管破損

検査、修復作業内容

回路上各供給電圧測定、確認

過去の修復箇所状態確認

基板ハンダ修正

真空管交換(お持込みEL509)
交換後、負荷(W数)測定
新品交換につき交換直後、数時間後の数値測定、監視作業

ノイズ、歪み測定


 

EAR 861


EAR 861

状態:R側の音が出ない

検査、修復作業内容

回路上各供給電圧測定、確認

過去の修復箇所状態確認(基板パターン修復歴有り)

1:R側基板パターンの破損(過去修理で対策していない箇所)
基板パターン修復、今回の破損以外の個所も予防修復
L側基板ハンダ修正

*今後真空管ソケット、電解コンデンサを含めたオーバーホール作業を推奨

2:EL509カソード抵抗部焼けあり
  熱対策としてカソード抵抗を許容W数の大きなものに交換 7Wから10Wへ交換
  L側も同様に交換
 
  前回修復時R側カソード部の電解コンデンサ2個交換歴有り
  L側が未交換の為、同様に今回交換

ノイズ、歪み測定


 
 

EAR V20

メンテナンス完了 機能と主に外観もV型の美しさを取り戻しました。

症状:L側音が出ない
L側真空管ソケット割れ、さび劣化(R側も同様に劣化)

ユーザー様今後のことを考え、修理ともにメンテナンスご希望

真空管ソケット金メッキ品に全交換

電解コンデンサ全交換(メイン基板、電源基板)
音量ボリューム交換

真空管全測定、交換(L側:12AX7 1本、12AU7 1本 R側:12AX7
基板分解、各部ハンダ修正
本体内外清掃、劣化ねじ交換(サービス作業)


真空管ソケット交換前/交換後



------------------------------------------------------------------------------------
EAR V20 2台目


症状:音に歪みが出る 各パーツオーバーホールご希望

修理内容:

1:真空管ソケット30個新品交換、交換時はんだ吸い取り修正、
ソケット端子間の残留やに(前修理さん)の除去(湿気による端子間リーク防止)
前修理者さん、はんだ不良、配線挟み込み配線修正
 
2:電源部−電解コンデンサー全交換(大型ブロックコンデンサー含む)
  アンプ基板部−電解コンデンサー全交換、フィルムコンデンサー全交換

3:メインボリューム新品交換  シャフト加工取付
 
歪率測定、ノイズ測定、周波数特性の測定


------------------------------------------------------------------------------------



EAR V20

お申し出の症状:電源スイッチが入らない

作業内容:電源スイッチ破損原因調査、代替品調査、組み上げ

1:電源スイッチ劣化、分解、新品スイッチに交換
 
電源スイッチにON/OFF時の接点保護(接点焼け)のためのスパーク防止部品が付いていない
電源スイッチに新規にスパークキラーを取り付け

  動作確認作業

2:外装清掃(パネル) 


 

EAR 534
EAR 534

故障症状:片側の音が出ない   

修理内容:劣化破損抵抗交換真空管交換、バイアス調整、各部配線検査


 

EAR 8L6


EAR 8L6

状態:電源が入らない。焼損状態

作業内容:アンプ内部電圧測定、破損劣化部品交換、真空管交換、バイアス調整、調整後測定作業、
ボリューム交換、スイッチ交換、ACコード交換

1:焼損箇所及び原因の調査、真空管測定、アンプ内部各部電圧の測定、確認作業
  パワー管個別測定 L側 数値ばらつき
  R側 数値劣化を確認

2:真空管交換及び焼損部品交換、数値調整、監視作業
パワー管交換時バイアス測定、監視作業が必要
パワー管EL34  L/R 8本交換(EL34 8本特性揃え)周辺抵抗交換、電解コンデンサ交換


交換に伴うバイアス調整作業、監視

3:前修理時にハンダ修正が行われていない。熱によるハンダ割れ、割れ予備軍多数の為
本体基板取り外し、修正作業

4:本体一部コンデンサ被覆劣化を確認 取り外し測定、規定数値減少の為交換

5:ヒューズBOX、ヒューズ破損 
本体適合ヒューズBOX調査 新品交換

6:時々歪みが大きくなる。メインボリューム劣化 
仕様数値確認、シャフト加工、新品交換
 
7:DIRECT SW劣化 時々入力できない 適合スイッチ部品調査 日本製に新品交換

8:ノイズ測定、歪み測定作業

サービス作業:アンプ内外ほこり汚れ清掃 規格外のねじ交換、ねじのみぞが状態劣化一部交換