LUX
  
LUX ラックス オーディオアンプ修理例



A3500




LUX A3500 1台目 フルレストア 出力UP 2台
コンデンサー、ボリューム劣化部品全交換 真空管交換 SP端子交換
-----------------------------------------------------------------------



LUX A3500 2台目

大事にされていたA3500を復活。
滋賀県からお持込いただきました。
ご相談の上レストア開始

LUXKIT A3500レストア 参考費用4万円〜
[交換部品含む、配線引き直し別途作業可能]

バイアスボリューム、入力ボリューム交換
結合コンデンサ電解コンデンサ交換
カソード抵抗10Ω追加

修理前/修理後(配線引き直し)



-----------------------------------------------------------------------




LUX A3500 3台目 フルレストア
コンデンサー、ボリューム劣化部品全交換 真空管交換 SP端子交換
(トランス除く交換)




A3600




LUX A3600 KT88仕様 1台目
コンデンサー、ボリューム劣化部品全交換 真空管ソケット交換 SP端子交換
電源コード交換

-----------------------------------------------------------------------


LUX A3600 KT88仕様 2台目

故障症状: L側破損 *納品後R側も再修理
        
修理内容:真空管KT88(JJ)交換、抵抗一部交換、
バイアス用半固定ボリューム4個交換
真空管交換に伴うバイアス調整作業。
電解コンデンサ全交換(ブロックコンデンサー含む)

ブロックコンデンサ550V品製廃のため
シズキコンデンサ800V品に変更



A3700


Lux A3700 1台目

オーバーホール前後


-----------------------------------------------------------------------


Lux A3700 2台目

音量ボリューム交換
バイアスボリューム交換(ご要望により前面に配置)*調整用測定端子設置
スピーカー端子RCA端子交換
-----------------------------------------------------------------------


Lux A3700[2]

故障症状:ノイズ発生、スピーカー端子破損
        
修理内容:
入力ボリューム左右交換、バイアスボリューム3個交換、バイアス調整
スピーカー端子金メッキ品に交換(取り付けパネル製作)
本体清掃(サービス作業)




A2500




コンデンサ、真空管ソケット(金メッキ)、ボリューム[半固定含む]、
内部配線引き直しヒューズホルダ、電源スイッチ交換[一部破損抵抗]
ダイオード交換 トランス:タンゴへ交(現在はタンゴ以外での対応となります)







KMQ60





ご希望により端子類の交換も可能

LUXKIT KMQ60 参考修理費用4万円[交換部品含む]

バイアスボリューム、入力ボリューム交換
結合コンデンサ電解コンデンサ交換
カソード抵抗10Ω追加

-----------------------------------------------------------------------





コンデンサー全交換、半固定VR交換、VR交換、ダイオード、真空管ソケット交換
スパークキラー交換、電源コード交換、スピーカー端子、RCA端子金メッキ品に交換



MQ70



LUX MQ70

電解コンデンサ全交換、ブロックコンデンサ全交換
結合コンデンサ全交換、一部抵抗交換、ダイオード交換
真空管バイアス調整ボリューム全交換、ボリューム交換
真空管ソケット金メッキ品に交換
劣化した配線を現行品に全引き直し
電源コード交換



KMQ8



LUX KMQ8

電解コンデンサ全交換、ブロックコンデンサ全交換、
結合コンデンサ全交換、全抵抗交換、ラグ板全交換
電源スイッチ交換、ヒューズBOX交換、パイロットランプ交換
RCA端子ロジウムメッキ品に交換(型番:RCA-ROS)(SP端子清掃)
真空管バイアス調整ボリューム全交換(電圧及び電流用)
真空管ソケット金メッキ品に交換
劣化した配線を現行品に全引き直し
電源コード交換
歪率検査、ノイズ測定 希少な真空管はご依頼者様に支給して頂きました。



A3300




コンデンサ、真空管ソケット(金メッキ)、ボリューム、内部配線引き直し
ヒューズホルダ、[一部抵抗]ダイオード交換

-----------------------------------------------------------------------


名古屋からお持込いただきました。
ダイオード交換



SQ38D




電解コンデンサー、ボリューム劣化部品全交換
出力トランス:トランス交換修理
出力管6RA8から今後のメンテナンスを考え6BQ5へ変更
ご友人から譲り受けた思い出のアンプをご依頼下さいました。
大変喜んでいただけました。
お手伝いさせて頂き嬉しく思います。

-----------------------------------------------------------------------




電解コンデンサー、ボリューム劣化部品交換 パワー部結合コンデンサ全交換
出力管KT88へ変更



SQ38FD MK2






電解コンデンサー、ボリューム劣化部品交換 パワー部結合コンデンサ一部
出力管EL34へ変更(端子交換別途)



LX38



LUX LX38

故障症状:真空管50CA10破損、音量ボリューム雑音発生
        
修理内容:真空管50CA10交換、真空管ソケット交換
バイアスボリューム交換[バイアス調整作業]
メインボリューム交換(ALPS製)、各部スイッチ清掃



CL35



スイッチ不良分解、清掃。
コンデンサー交換ご依頼。

修理後のお言葉 ありがとうございました。
肝心の音ですが以前より歪がなくなり長時間聞いても疲れない感じです。
やはりコンデンサーの交換は効果ありといったところですね。



CL35


メインボリューム、バランスボリューム分解交換
スイッチ清掃、各部検査 



A1020




大学時代に製作された大変思い出のあるアンプをご依頼いただきました。
懐かしい音に幸せを感じるとのお言葉を頂きました。
本当に嬉しいお言葉でした。

電解コンデンサ−交換、ダイオード交換、一部配線取替え
バイアス用半固定ボリューム交換及び調整作業



L-309V


LUX L-309V

PHONO回路修理
 電解コンデンサー8個交換、フィルムコンデンサ2個交換、IC交換
(ICは廃盤のため代替品を加工交換させていただきました)

∪擇蠡悗┘好ぅ奪狙浄、メインボリューム洗浄




LX-360


ボリューム交換



L-550


LUX L-550

症状:左側音が出ず、すぐにプロテクター回路が働いて電源が落ちる。

★修理交換明細

‥展参麩修復
 パワーアンプ電源回路修復(ハンダクラック)
 電力増幅回路修復(フォトトランジスタ、IC、FET破損)
(フォトトランジスタは製廃でメーカーの内部資料にもデータが
ございませんでしたが、代替品を加工交換させていただきました)

∪擇蠡悗┘好ぅ奪措茲螻阿4箇所、分解、洗浄

 TONE SW含む

清掃前/清掃後



ALPINE/LUXMAN LV-103


ALPINE/LUXMAN LV-103

故障症状: TONE BASSを調整すると異常音が発生する。
        
修理内容:回路解析、TONE回路部各部電圧測定、波形調査
TONE部IC、コンデンサー交換、基板ハンダチェック
BASS/TRBLEボリューム取り外し清掃、組み上げ。
清掃もBASSボリューム調整時に微細なノイズ発生。
ボリューム部品は製造廃止のため近似品を加工、配線、組付け。

構成基板全体に半田クラック発生、ハンダチェックおよび修正。

LUXMAN SQ505X


LUXMAN SQ5005X

症状:片側音が出ず、バリバリ音発生。

★修理交換明細

BASSボリューム不良、清掃

LOW BOOSTスイッチ、attenuateスイッチ 切り替え時バリバリ音発生
スイッチ取り外し分解、清掃

電解コンデンサー劣化交換
ブロック電解コンデンサー(銀色の大型コンデンサー)、電解コンデンサー交換(大/小) 
ハンダ修正、一部フィルムコンデンサー破損交換

パワーアンプ回路修復
パワーアンプモジュールL/R 電解コンデンサー交換
ハンダ修正、バイアスボリューム、DC中点調整ボリューム交換及び
バイアス調整、DC中点電圧調整

LUXMAN M03


LUXMAN
 M03

故障症状:メイン基板はんだ破損
        
修理内容:破損状況解析
全基板経年変化によるはんだ破損、

基板取り外し、はんだ修正作業
バイアスボリューム交換、バイアス再調整

パワーアンプ部電解コンデンサ交換