AcousticPlan
  
Lo-D(ローディ)日立 オーディオアンプ修理例
 
Lo-D HMA-9500


Lo-D HMA-9500

状態:電源が入らない。R/Lトランジスタ複数個所破損、電源破損。抵抗破損、全損状態

作業内容:アンプ内部回路解析、電圧測定、各部トランジスタ正常異常調査、
構成パーツ(製造廃止入手不可部品)入手調査、修復、各部調整作業

1: パワーアンプ基板

トランジスタ破損(製造廃止、メーカー選別品入手不可部品)
終段トランジスタ、周辺トランジスタ、複合トランジスタ、
トランジスタを選別の上 交換 
絶縁体新品交換

抵抗の破損
取り外し数値測定、破損部品の交換

パワーアンプブロック部の全電解コンデンサー交換
バイアス調整用ボリューム新品交換、調整作業 各部供給電圧の測定
ハンダ修正

2:電源基板
基板取り外し、トランジスタ交換、電解コンデンサー全数交換、ハンダ修正
一部配線劣化 取り回しが悪い 配線の引き直し作業

3:リアパネル部 RCA入力基板取り外し、RCA端子新品交換
LOW CUT/ DC切り替えスイッチ(信号通過重要部品)取り外し、分解、清掃
ハンダ修正

4:リレー新品交換

サービス作業:アンプ外部、内部、基板蓄積汚れ清掃 錆びたねじの一部交換
錆びたねじ(特殊入手不可ねじ)のさび添加剤(錆の進行を止める)の塗布
------------------------------------------------------------------------------------


Lo-D HMA-9500-2

 
 

Lo-D(ローディ)日立 D-M30



Lo-D(ローディ)日立 D-M30

症状:動作しない

修理内容:動作解析作業、故障箇所及び故障原因の把握

1:カセットモータがが動かない
カセットモジュール修復
駆動ゴム劣化3か所
交換及び清掃
プラスチック部品割れ修復

2:再生しない
電解コンデンサ破損
交換

3:追加作業: カセットモジュール清掃、外装清掃



Lo-D(ローディ)日立 HA-78

Lo-D(ローディ)日立 HA-78

症状;正常な音が出ない

原因:部品の劣化破損、調整不良

1:内部電圧測定、電流値測定、破損部品の調査

パワーアンプ部
トランジスタの不良
ICの不良
不良部品の調査、交換 
調整用ボリューム交換及び調整作業
基板全体のハンダ修正作業

2:プロテクター回路不良
  プロテクターが解除されない。
プロテクター用IC交換、トランジスタ交換、電解コンデンサ交換

3:メインボリューム破損
  劣化により破損 製造廃止入手不可部品
  特注品のメインボリュームを基板加工しての交換

バランスボリューム取り外し、分解、清掃

4:各スイッチ部品の劣化汚れ
  セレクタスイッチ取り外し、清掃

5:電解コンデンサの数値劣化
  電解コンデンサの交換作業
  セラミックコンデンサー交換(特殊部品:抵抗型アキシャルタイプ)
6:TONE回路が動作していない

TONE回路上の電解コンデンサ交換、フォルムコンデンサ交換
TONEスイッチ清掃
BASSボリューム、TREBLEボリュームを取り外し測定、内部抵抗値なし 清掃では修復不可
ボリュームの破損 製造廃止入手不可部品
7:電源コード劣化 被覆剥け 危険なため新品交換
8:電源スイッチのインジケータランプ切れ LEDランプへ交換
9:サービス作業
  内部汚れ清掃、フロントパネル清掃、リアパネル清掃、RCA入力端子清掃
  ツマミ部品清掃(さび除去)