Mcintosh
  
 Mcintosh マッキントッシュ オーディオアンプ修理例




Mcintosh c20


マッキントッシュ Mcintosh c20

修理内容:
★電解コンデンサー全交換★結合コンデンサー
★抵抗全交換★真空管ソケット交換(金メッキ)★RCA端子交換(金メッキ)
★ボリューム清掃★スイッチ清掃★電源コード交換




Mcintosh c22



マッキントッシュ Mcintosh c22

修理内容:
★基板再ハンダチェック
★ブロックコンデンサー全交換 ★チューブラコンデンサ全交換(オリジナル)
★抵抗全交換 ★真空管ソケット交換(金メッキ)★RCA端子交換(金メッキ)*IN/PHONO/AUX
★ボリューム交換(バランス、メイン、中間調整用ボリューム) ★スイッチ清掃


マッキントッシュ Mcintosh c22(2台目)

修理内容:★ブロックコンデンサー全交換 
★チューブラコンデンサ1個交換
★抵抗2個交換 ★真空管ソケット交換(金メッキ)




Mcintosh c26


マッキントッシュ Mcintosh c26

修理内容: コンデンサー不良交換
セレクタースイッチ清掃1、フロントパネル清掃

-----------------------------------------------------------------------------



マッキントッシュ Mcintosh c26 2台目

修理内容: メインボリューム交換(800K規格廃止→500K)
セレクタースイッチ清掃1、ランプ交換、電源コード交換、フロントパネル清掃

-----------------------------------------------------------------------------


マッキントッシュ Mcintosh c26

症状:ノイズの発生、音の出が不安定になる

原因:部品劣化、汚れ、配線のショート

作業内容:信号経路調査、劣化部品調査修復、測定作業

1:信号経路調査、バランスボリューム部の配線に微細なショート痕、修復
  バランスボリューム清掃

2:歪みが不安定に出る。メインボリューム清掃
  メイン基板調査 ライン部トランジスタ交換、周辺フィルムコンデンサー交換

3:電源部調査
  電源コンデンサー取り外し容量確認 *正常値を確認

4:各スイッチボリューム清掃
  INPUTセレクター接点汚れ清掃
  MODEセレクター接点汚れ清掃
  LOUDNES清掃

5:RCA端子交換(パネル一体型の為、要全数交換)
  リアパネル分解、配線取り外し、
  リアパネル穴加工、RCA端子取り付け交換

6:ACコード新品交換

7:測定作業 残留ノイズ測定、左右音漏れの測定確認



Mcintosh c28


マッキントッシュ
Mcintosh c28

修理内容: メインボリューム交換
セレクタースイッチ清掃、ランプ交換、フロントパネル清掃
-----------------------------------------------------------------------------



マッキントッシュ Mcintosh c28

症状:メインボリューム(電源SW付)破損、ノイズの発生

原因:部品劣化

作業内容:ボリューム調査、電源部、アンプ部コンデンサー交換、清掃作業、測定作業

1:メインボリューム(電源SW付)破損
  製造廃止入手不可部品のため修復不可能
  電源スイッチ配線取り外し、配線のし直し作業
  音声信号経路配線加工
  メインボリューム特注製作、特注製作品もシャフト、穴、形状適合せず 加工しての取り付け作業

2:電源部 電解コンデンサーの交換(ノイズ対策)
  電源部のコンデンサーは製造廃止入手不可部品のため加工しての電解コンデンサー組み上げ作業
  ラグ板増設
  オリジナルリベット止めのためリベット取り外し、ねじ取り付け加工

3:本体メイン基板 フィルムコンデンサー交換、電解コンデンサー交換

4:フロントパネル
 ランプ 全数交換
 クッション劣化粉の除去、新規取り付け
 同時にツマミ清掃、パネル清掃


5:基板はんだ修正
6:セレクタースイッチ清掃
  MODEセレクタースイッチ清掃
  バランスボリューム清掃
  BASSボリューム左右清掃
  TREBLEボリューム清掃
 
 
 
Mcintosh c29


マッキントッシュ
Mcintosh c29

1:電解コンデンサー交換
  一部回路図と異なる箇所あり修正 ダイオード交換

2:BALANCEボリューム清掃
  BASSボリューム清掃、TREBLEボリューム清掃
  INPUTセレクター清掃、MODEセレクター清掃
  ボリューム清掃
  サブボリューム清掃

-----------------------------------------------------------------------


マッキントッシュ Mcintosh c29

症状:音が出ない

原因:部品劣化

作業内容:信号経路調査、音が出ない状態の修復、各部のノイズ発生個所の特定と修復
メンテナンス作業:電源部、コンデンサー交換、基板がひどく汚れている、清掃作業、測定作業

1:信号通過部品破損 製造廃止入手不可部品のため内部分解、修復

2:メインボリューム取り外し、分解、内部構成パーツ清掃

3:バランスボリューム(ラウドネスボリューム)清掃 
  BASSボリューム左右清掃
  TREBLEボリューム左右清掃
  本体上部入力調整用ボリューム清掃

4:セレクタースイッチ ひどく汚れている 内部プレート清掃
  MODEセレクタースイッチ清掃

5:本体メイン基板、リアRCA入力基板、フロントパネル部スイッチ基板、電源部
  TONE基板(BASS、TREBLE)
 
フィルムコンデンサー[±5%品]交換、
電解コンデンサー交換、IC全数交換(ICソケット同時交換)
*基板がひどく汚れているため部品交換と同時に清掃
RCA端子清掃

6:レギュレター部品(発熱部品)
放熱対策(放熱フィン追加)交換

7:電源制御リレー新品交換

8:フロントパネル
照明ランプ劣化、新品交換、取り付けゴム劣化硬化割れ交換 

9:サービス作業:内部基板汚れ除去、パネル清掃、つまみ清掃(つまみ内部パーツ外れ修復)





 
Mcintosh c32


マッキントッシュ Mcintosh c32

症状:右側の音が出ない

原因:部品劣化

作業内容:信号経路調査、音が出ない状態の修復、劣化部品の修復

1:信号通過部品破損 
配線接続端子の劣化
受け側:端子の新品交換
差し込み側:ケーブル端子加工、新品交換
*重要箇所の為、標準パーツよりも接続安定する部品を加工取り付け

2:電源供給部品破損
関連基板すべて取り外し
配線フラットケーブル2箇所(L/R)劣化、新品交換 
重要箇所の為、配線の修正ではなく配線引き直し、新品交換
  上記関連基板の電源供給基板の抵抗焼け

 レギュレター部品(発熱部品)交換、抵抗交換 
焼けた抵抗は放熱できない隠れた場所に設置の為、放熱出来る場所に加工移設、
またW数が大きいDALE巻き線抵抗へ交換し、発熱対策をする。
 底部、取り外し難い基板の為
 同時に関連電解コンデンサーを全交換、発熱箇所の為、高耐久品へ交換

3:フロントパネル
  清掃、右側の取り付け不良を確認、修正

4:サービス作業:内部基板汚れ除去、パネル清掃、つまみ清掃


 
 

Mcintosh c33


マッキントッシュ
Mcintosh c33

修理内容:MODEセレクター取り外し清掃。
メイン基盤ハンダ修正
ラウドネス、バランスボリューム清掃




Mcintosh c42


マッキントッシュ Mcintosh c42

症状:ノイズの発生

原因:電源部部品劣化

作業内容:回路調査、電源部電圧測定調査、電源部コンデンサー容量測定、測定作業

1:ノイズ発生部調査
ノイズ発生源電源部 電解コンデンサー劣化、容量低下
2:基板一部はんだ修正
3:測定作業 残留ノイズ測定

 
 

Mcintosh MX110


マッキントッシュ Mcintosh MX110
 1台目






マッキントッシュ Mcintosh MX110 2台目 オーバーホール


------------------------------------------------------------------------------

マッキントッシュ Mcintosh MX110

症状: 異常音、ハムノイズの発生 TONE回路不具合

作業内容:

アンプ電源部:内部電圧測定作業、ブロックコンデンサー容量値測定、部品交換、部品追加
TONE部:構成部品の数値測定作業、構成部品製造廃止入手不可部品のため作成
ボリューム部:ボリューム大きく劣化 使用不可な状態
メインボリューム製造廃止入手不可部品のため特注製作
測定作業 




Mcintosh MC60



マッキントッシュ Mcintosh MC60

修理内容:
真空管交換 6550*4本/12AX7*2本
★電解コンデンサー全交換
★結合コンデンサー交換
★抵抗全交換
★真空管ソケット交換(金メッキ)
★RCA端子交換(金メッキ)★トランス修理(充填剤の漏れ)★ボリューム交換
★全配線引き直し★電源コード交換




マッキントッシュ Mcintosh MC60

修理内容:
故障症状:ノイズの発生
        
修理内容:
ブロックコンデンサー加工交換、
電源回路カップリング電解コンデンサー交換
(SPRAGUE ATOM)
ハンダチェック修正

★修理後ノイズ測定作業
ボリューム0V時:0.062mV




Mcintosh MC2102


マッキントッシュ Mcintosh MC2102

修理内容:
真空管ソケットオーバーホール
メイン基盤:真空管ソケット8ピン、9ピン
金メッキ品に交換




Mcintosh MC300


マッキントッシュ Mcintosh MC300

修理内容:
パワー回路修復(トランジスタ交換) 交換に伴う調整作業


--------------------------------------------------------------------------------


マッキントッシュ Mcintosh MC300

修理内容:
パワー回路修復(トランジスタ交換) 交換
調整作業
--------------------------------------------------------------------------------



故障症状:電源が入らない
        
修理内容:
1:終段トランジスタ破損、修復

R側パワーアンプトランジスタ破損のため選別品、新品交換
R側前段トランジスタ破損のため交換
L側パワーアンプトランジスタバランス不良のため選別品、新品交換
バイアスボリューム交換及びバイアス調整

温度管理用ダイオード、抵抗交換
発振防止用コンデンサー交換

2:全構成基板の電解コンデンサー、フィルムコンデンサー交換
交換時取り外し基板のはんだ修正。清掃

R側L側全前段用リードリレー交換

3:フロントパネルランプ焼損 専用ヒューズ断線
取り付け基板修復 LEDランプ加工取付

 
 
 
Mcintosh MC500


マッキントッシュ Mcintosh MC500

 
 

 McIntosh MC-402


マッキントッシュ  McIntosh MC-402

故障症状:雷による損傷(音が出ない)
       
修理内容: 信号経路回路解析、不良個所判断

1:電源回路 各部電源供給電圧測定 確認
2:パワーアンプ回路 各部供給電圧測定 確認 
パワートランジスタ損傷なしを確認

3:音声信号が入力されていない。
音声信号経路追跡、故障個所特定

故障箇所:ドライバー回路基板破損
修復:回路内トランジスタ交換



Mcintosh MC2255


マッキントッシュ Mcintosh MC2255

修理内容: メインアンプ電力増幅回路R/L修復
電解ブロックコンデンサー(大径)加工全交換、
電解コンデンサー全交換、
ボリューム清掃、
表示ランプ切れ交換
各部ハンダ補正



マッキントッシュ Mcintosh MC2255

電源トランスの発熱(調整)回路検証

1:バイアス調整不良
パワーアンプ部電解コンデンサー交換
バイアスボリューム新品交換及びバイアス調整
中点調整ボリューム新品交換及び中点調整
メインボリューム清掃

2:プロテクター回路不良
自動調整部分修復、抵抗一部交換


 
 
 
Mcintosh MC2205


マッキントッシュ Mcintosh MC2055

★修理交換明細 回路解析、各部電圧の測定、部品交換、清掃

1:音量ボリュームの汚れ
ボリューム本体から取り外し清掃
2:ランプ切れ ランプ全交換 ランプ裏反射部品破損
代用取り付け
3:バイアス調整不良
パワーアンプ前段部電解コンデンサー交換
バイアスボリューム新品交換及びバイアス調整
4:メーターパネル基板、電解コンデンサー交換、調整ボリューム交換
5:電源供給基板、電解コンデンサー交換
6:RCA入力端子基板、電解コンデンサー交換
7:スピーカーリレー接点汚れ リレー本体分解接点清掃
8:STREO/MONO SW清掃、 Power guard SW清掃、 INPUT level SW清掃
9:フロントパネル清掃、裏パネル外れ修正、パネル裏塗装剥がれ修復
10:本体内部、外部清掃(放熱フィン取り外し清掃)
11:作業完了後測定作業



Mcintosh MC1000

マッキントッシュ Mcintosh MC1000

修理内容:
パワーアンプ各部電圧調整、バイアス電流調整
パワートランジスタ アイドリング電流調整 
調整後アンプ放熱フィン温度測定確認(作業前62度/作業後48度)

トランス唸り対策ご希望
AC電源ブリッジダイオード追加、抵抗追加




Mcintosh MA6300



マッキントッシュ Mcintosh MA6300

故障症状:電源部大型電解コンデンサー破裂、電解液漏れ、ノイズの発生
        
修理内容:回路解析、各部電圧測定、不良個所判断

1:電源回路修復
電源部 大型電解コンデンサー加工、交換 電源レギュレター部電解コンデンサー交換
回路上関連部品:ダイオード交換、リレー交換、フィルムコンデンサー交換

パワーアンプ基板部
電解コンデンサー交換、BIAS調整

2:アンプ起動時(起動時のみ) R側にノイズの発生
プリアンプ基板部
IC交換、電解コンデンサー交換、フィルムコンデンサー交換
MUTEリレー交換

3:TUNERボタンスイッチ部ランプ切れ
赤色ランプ、加工、交換

アンプ内部、外部 清掃作業(サービス作業)

 
 

Mcintosh MC6500


マッキントッシュ Mcintosh MC6500

故障症状:ランプ点灯せず
        
修理、検査内容:

全ランプ側電圧なし
トランスまでの経路調査、トランス供給電圧正常
ヒューズ交換

前面パネル ランプ全交換


 

Mcintosh MA6800



マッキントッシュ Mcintosh MA6800

故障症状:L側メーターが動作不安定(動作したりしなかったりする)
パネルランプ点灯せず
        
修理、検査内容:
メーター回路オーバーホール
トランジスタ、IC交換
(一部製造廃止、入手不可部品の為、代替品調査、米国より取り寄せ)
電解コンデンサ全交換、フィルムコンデンサー全交換、レギュレター全交換

前面パネル ランプ全交換
(フロントメーター部分は熱によるランプ劣化が他に比べ激しいため
ランプ電流容量仕様100mAから80mAへ下げ)

サービス作業:アンプ内部埃蓄積のため除去、フロントパネル清掃、ツマミ清掃


-----------------------------------------------------------------------


マッキントッシュ Mcintosh MA6800


作業内容:信号経路調査、劣化部品の修復(故障推定作業含む)
アンプ内部基板上のほこりの除去作業、測定作業
入力リレー基板の部品交換、ランプ加工交換

メンテナンス作業:パネル清掃作業

1:アンプ内部の基板上の蓄積ほこりの除去作業
湿気によりアンプ基板上の部品がショートする場合があるため
各基板を取り外し、これを取り除く作業

ほこりによるトラブルが起きやすい機種です。





2:信号通過部品
リア入力リレー基板取り外し
CD1、CD2 入力リードリレー8個交換                         
電解コンデンサー4個交換
基板上の部品取り付け部のハンダ修正

RCA端子部品の取り外し(AUX/CD1/CD2/TUNER)
端子清掃、ハンダ修正
 
PRE-POWER 分離スイッチ(信号通過部品)の基板からの取り外し動作確認

3: ボリュームインジケータ回路確認
  インジケータ動作確認

4:フロントパネルランプ破損
  特殊ランプヒューズ交換
  ランプ取り付けグロメットが劣化により硬化、すべてのグロメットを取り外し新品交換
  メーター内:6個
  フロントパネル内:8個

5:サービス作業:パネル清掃、つまみ清掃

5:測定作業 残留ノイズ、歪み測定