NATIONAL
  
 NATIONAL オーディオアンプ修理例

NATIONAL SN-50N


NATIONAL S-50N

症状:正常に動作しない
他修理にて大雑把な補修の為ご依頼

PHONO:L側小さい カセットデッキ:L側歪みが大きい バリバリ音の発生

作業内容:内部電圧測定作業、信号経路調査、内部部品調査、ハンダ修正、各再調整作業、測定作業

以下詳細
1: パワーアンプ回路、電源回路
  部品取り付けハンダが湿気のためハンダ不良(白化、砂状に劣化)を起こしている。
  不良のハンダを取り除き、電解コンデンサー全数交換、トランジスタ交換2個(選別の上交換)
  ヒューズ白化劣化のため新品交換

2:パワーアンプ外基板 基板を本体より取り外し 同ハンダ修正作業
  電解コンデンサー全数交換 *トランジスタ19個測定、選別品に交換
(パワーパック[IC]は除く)
 
3: ノイズが発生する。
メインボリューム取り外し、分解、清掃
  バランスボリューム取り外し、分解、清掃
  セレクタースイッチ(カセット、レコード、FM切り替え)部品取り外し、分解、清掃

4:カセット部
左の音に歪みがある。時々再生動作しない
回路上トランジスタ交換(選別)電解コンデンサー交換、ハンダ修正
再生動作確認、再生ボタンスイッチ動作部で配線が邪魔をしてる。修正作業
本体内部汚れが多い清掃、グリスアップ、自動停止動作部の動作確認、

自動停止動作部の本体パーツ欠損(過去修理で部品を取り外し?)、
動作のための欠損部分を補う作業をさせて頂きましたが、
消耗部分があるため修復を断念しました。

アースコード部(前修理)をカシメ部品を使用し正常な状態にさせて頂きました。
カンターゴム2本新品交換

5:PHONO部
 左右でバランスが悪くなっている。調査の結果 カートリッジの不具合
 カートリッジ生産終了、入手困難品でしたが中古正常品を入手の上分解、交換
 時々まったく動作しなくなるモーター配線の
 本体駆動部の清掃及びグリスアップ

6:電源コード 加工 新品交換
  電源スイッチ部コードノイズの発生 配線新品交換 取り回しの修正