TORIO トリオ オーディオアンプ修理例
 
TRIO KA-2200


TRIO KA2200

お申し出の症状:音の出が不安定、右側の出力不安定、メンテナンス作業ご希望

作業内容:音声信号経路調査、パワーアンプブロック電圧、調整数値調査、劣化部品調査
     左右バランスの測定

1:音が出なかったり、ガリ音が出る
メインボリューム ガリ音の発生
ボリューム本体を基板から取り外し、外部清掃(シャフト非分解構造)

バランスボリューム、ガリ音が出る、音の出が不安定
ボリューム本体を基板から取り外し、外部清掃(シャフト非分解構造)

2:セレクタースイッチ
インプットセレクタースイッチ基板より取り外し、外部清掃(5連連動スイッチのため非分解)

3:劣化部品交換
電源部:電解コンデンサー交換、ハンダ割れ修正

パワーメイン基板:電解コンデンサー交換、ハンダ割れ修正(基板汚れ蓄積除去)
重要部品交換(製造廃止入手、選別交換困難部品)
FET(複合型FET)選別の上4個交換
オペアンプ2個交換

4:アンプ内部調整不良、FET交換に伴う再調整作業
アイドリング調整、中点調整、PHONO中点調整
数値測定、監視作業

5:PHONO基板
 複合型FET(入手困難部品)2個交換
 関連トランジスタ交換、電解コンデンサー交換、ハンダ割れ修正                         

6:左右出力測定、歪み測定
 正常(100Hz/1KHz/10KHz)

7:サービス作業
 アンプ内埃取り除き、基板汚れ清掃
 
 
TRIO KA-3300


TRIO KA3300

症状:バリバリ音の発生

作業内容:アンプ内部回路解析、各部電圧測定、信号経路調査、不良個所判断、代替品調査、修復

1:ボリュームのガリ音 ボリューム内部の汚れ
  BASSボリューム、TREBLEボリューム、バランスボリュームの取り外し清掃

2:電源ON/OFF時にポップノイズ(ボン音)が出る 
  KA-3300専用の遅延回路(ディレースタート・サーキット)の部品劣化
  トランジスタ交換、コンデンサ交換

3:電解コンデンサー全交換
  上記作業時に全基板取り外しの為、同時に基板はんだクラックの調査と修正

4:信号通過スイッチの分解清掃 モニタースイッチ分解、内部構成パーツ清掃

5:メインボリューム取り外し、特注品の新品製作 組み上げ

6:初段トランジスタ交換、中段トランジスタ交換(TRIO専用パワーパック除く)
製造廃止部品、代替品ペア選別測定作業、交換

サービス作業:フロントパネル清掃、つまみ清掃 

 
 
TRIO KA-7100D


TRIO KA7100D

症状:右側の音が出ない 左側音の歪が出る

★修理交換明細

1:INPUT セレクタースイッチ取り外し、部品分解、清掃
メインボリューム取り外し、部品分解、清掃
TONEスイッチ取り外し、部品分解、清掃
MODEセレクタースイッチ取り外し、部品分解、清掃

バランスボリューム取り外し清掃
取り付け基板はんだ修正

2:電源回路部 電解コンデンサー交換
 
 
TRIO KA-7300


TRIO KA-7300

電源LED切れ
LED交換作業
切れる原因追及:内部電流値を測定したところ
LEDへの供給電流オーバーのため抵抗交換(4.7K)

電源ヒューズが飛ぶ
トランス等の調査、電圧測定作業、良好
内部取付済みヒューズ交換

AUX、PHONO音出しチェック OK

 
 
TRIO KA-7300D

TRIO KA-7300D

症状:音が出ない、TONE,GAINレバー不良

★修理交換明細

.瓮ぅ鶸霹徃掌把螢椒螢紂璽燹抵抗、ダイオード、トランジスタ交換修復
メイン基盤ハンダ修正
▲廛蹈謄ター回路抵抗、ダイオード、コンデンサー、トランジスタ交換修復
3謄椒螢紂璽燹▲譽弌璽好ぅ奪狙響
 
 
TRIO KA-7500



TRIO KA-7500

症状: 右側の音の出が不安定。ノイズの発生、修理の他メンテナンス作業追加ご依頼

作業内容:原因調査、劣化部品交換(部品測定品)、調整と数値監視作業

1:パワーアンプブロック部の重要部品交換
トランジスタペア測定交換
関連トランジスタの測定交換
  電解コンデンサー全数交換
  調整用ボリューム劣化のため2か所新品交換
  各部ハンダ修正作業
 (メンテナンス作業としてLも同様に劣化部品交換)

2:電源部コンデンサ全数交換
  (製造時にコンデンサを接着している、ゴム系接着剤の除去作業)
  大型電源ブロックコンデンサ交換、同端子形状製造廃止入手不可部品のため
  配線加工の上、新品交換
  抵抗が発熱する。 容量を上げた余裕のあるものに交換


3:プリアンプ、フォノ(レコード)回路基板取り外し、電解コンデンサー全数交換
  トランジスタ全数交換、関連IC交換

4:スイッチ、パネル油汚れ清掃及びパーツ清掃
  INPUTセレクタースイッチ
  取り外し、分解、内部パーツ清掃

  接点復活剤の噴霧による汚れの清掃
  MODE(STREO-MONO)スイッチ、清掃
アッテネータスイッチ取り外し、分解、清掃
  TONEスイッチ取り外し、分解、清掃
  DUBBINGスイッチ取り外し、分解、清掃
MONITORスイッチ取り外し、分解、清掃

5:メインボリューム配線取り外し、内部パーツ清掃                    
6:電源ランプ点灯、消灯を繰り返す。劣化、ランプ新品交換

7:リレー新品交換

8:リアパネル分解、INPUT RCA端子清掃
PRE-POWER切り離し、接続スライドスイッチ破損 分解、清掃、修復

9:メーター回路
 調整用ボリューム新品交換、メーター基準信号による調整作業

10:歪み、ノイズ確認と数値測定
基準信号入力による歪みの確認作業(10Hz/1KHz/10KHz)

11:外装清掃(つまみ、パネル)、内部基板ほこり泥化のため清掃 (サービス作業)
 
 
TRIO KA-9900


TRIO KA-9900

症状: 音の出が悪くなっている。L側歪みが大きい。各信号通過部品劣化、汚れ、各部調整不良

作業内容:アンプ内部 各信号通過部品の部品交換または清掃、電源調査、不良個所判断、
代替品調査、修復、各部調整作業、基板はんだ修正、ノイズ、歪み測定作業

1:分解及び清掃
接点復活スプレーによる周辺配線等、油状の汚れ清掃
インプットセレクター TUNER-AUX部取り外し、分解、内部パーツ清掃

CD DIRECTプッシュスイッチ(非分解部品)清掃
FILTER SUBSONICプッシュスイッチ(非分解部品)清掃
FILTER HIGHプッシュスイッチ(非分解部品)清掃
STRAIGHT DCプッシュスイッチ清掃

2:バランスボリューム 取り外し清掃

3:リレー交換
スピーカーリレー新品交換2個
パワーアンプブロックリレー新品交換1個

4:各基板配線の取り外し、基板取り外し(重作業)、コンデンサー類の交換
基板を取り外しての電解コンデンサー新品交換
パワーアンプブロック基板 33個 ハンダクラック有り 同時にハンダ修正
*今回ご予算によりPHONO基板、TONE基板は除く

5:複合型トランジスタ交換(トランジスタ測定、選別、交換)
(ノイズの原因となる部品及び製造廃止入手不可部品の交換)
パワーアンプ基板 初段複合トランジスタ 2個交換(今後入手選別が困難となる部品)
一部トランジスタ交換(パワートランジスタ保護用)
6:調整作業
調整用ボリューム4個新品交換
バイアス調整作業、調整後規定電圧監視作業、中点調整作業、調整後規定電圧監視作業

7:作業完了後、測定作業 音出しによる動作検査、ノイズレベル、歪率の測定確認

サービス作業:アンプ内部汚れ清掃、フロントパネル清掃、つまみ清掃、リアパネル清掃、リアRCA端子清掃
       さびネジ交換

 
 
TRIO KT-7500



TRIO KT-7500

メンテナンス
チューナー受信内部調査
基本発振周波数測定、OK 受信感度良好

ミューティング回路動作不可
ミューティング用IC破損、新品交換
フロントパネル清掃(パネル分解、内部ガラス曇りの除去)
 
 
TRIO KT-8300



TRIO FMステレオ KT-8300

音声出力なし(受信感度不良)
IC交換、ご希望によりコンデンサーオーバーホール
 
 
TRIO KT-9700



TRIO FMステレオ KT-9700

症状:FM AUTOでMONO受信、その他で受信できない

修理内容: 回路解析、各部電圧測定、部品交換、FM信号入力による調整作業

1:MPX基板、一部トランジスタ交換、全電解コンデンサー交換
調整用コイル断線により調整不可、交換
2:IF基板、トランジスタ交換、一部電解コンデンサー交換
調整用ボリューム一部交換
3:電源供給基板
電解コンデンサー一部コンデンサ同士リークの為、交換(電源供給部メンテナンス作業として全交換)
4:全体ハンダの劣化箇所、ハンダ修正
5:各部調整作業
 VCO調整、セパレーション調整、トラッキング調整、IFT調整、RF受信調整、IFゲイン調整
 MUTING調整、Sメータ調整、AF出力調整
 
 
TRIO KR-5080



TRIO KA7300D

故障症状:部品劣化、はんだ不良

修理内容:
破損状況解析
低音/中音/高音 サブボリューム接点不良(バリバリ音、無音)
スピーカー出力コンデンサー交換

中音アンプ歪み大
部品劣化:パワーアンプ出力部抵抗破損、交換

はんだ修正作業
 
 
TRIO L-07C


TRIO L-07C

症状:右の音が出ない、ボリューム雑音、
セレクターレバー不良、セレクタスイッチシャフトプラスチック部品破損

★修理交換明細

_士魅椒螢紂璽犖魎后▲瓮ぅ鶸霹廛魯鵐製だ
INPUTセレクタースイッチ部品取り外し清掃、シャフト部品新規作成取替え

シャフトパーツ(プラスチック部品) 劣化割れのためシャフト交換

 
 
TRIO L-07M


トリオ TRIO L-07M

故障症状:異常音が出る
        
修理内容 回路解析 各部電圧測定
劣化部品交換作業

全電解コンデンサー交換(除く大型電源ブロックコンデンサー)
一部劣化フィルムコンデンサー交換(発振防止用)
     一部抵抗交換

3:半固定抵抗ボリューム交換
(交換後バイアス、DC調整作業)
4:各部ハンダ不良部の再ハンダ

 
 
TRIO WX-111

故障症状:音が出ない

修理内容:

電解ブロックコンデンサーコンデンサ全交換、
電解チューブラコンデンサー全交換、整流用電源ダイオード全交換、
半固定ボリューム追加(真空管調整用)
一部抵抗交換、音量ボリューム、低音ボリューム、高音ボリューム交換、
ツマミ交換、電源コード交換、真空管ソケット部品全交換
交換に伴う一部抵抗交換と配線一部引き直し、ロータリースイッチ類清掃
真空管6BQ5/EL84 2本交換

*チューニング駆動用のダイヤル線が劣化していたため新品交換させて頂きました。