Accuphase アキュフェーズ
  
 Accuphase アキュフェーズ  オーディオアンプ修理例

M-100



Accuphase アキュフェーズ M-100[M100]
動作不可、メーカー修理不能のためご依頼頂きました。
パワートランジスタ交換調整、コンデンサーオーバーホール



 

E-303X



Accuphase アキュフェーズ E-303X
片チャンネル動作不可、メーター不良
メーカー修理不可能のためご依頼頂きました。

パワートランジスタ交換調整




C-200X


Accuphase アキュフェーズ C-200X

故障症状:R側の音が出ない、ボリューム類からのガリ音の発生
       
修理内容:メーカーからの回路公開なし、
アンプ内部回路解析、各部電圧測定、信号経路調査、不良個所判断

1:バリバリ音が出る
 アンプ内部信号経路調査、メインボリューム、バランスボリューム劣化
 製造規格廃止部品につきボリュームを特注製作、そのままでは規格外のため
取り付け基板加工、取り付け

2:音が出ない、不安定に出る
 アンプ回路信号経路調査、一部リレー新品交換修復、同時にアンプメイン基板はんだクラック修正
 MODE スイッチ取り外し、スイッチ分解、構成パーツ取り外し洗浄
スイッチ内部プレート汚れの蓄積
 INPUT スイッチ取り外し、スイッチ分解、構成パーツ取り外し洗浄

RCA端子交換(ご希望箇所)


サービス作業:アンプ内清掃、外装、つまみ清掃
歪率測定、ノイズ測定、周波数特性測定




 
P-300


Accuphase アキュフェーズ P-300

”メーカー修理不可”にてお持ち込みいただきました。

故障症状:パワーアンプ基板終段トランジスタ破損
     一部部品欠落(前修理者修理時)
        
修理内容:破損状況解析

パワーアンプ部基板修復
パワートランジスタ左右交換(ペア選別)
交換による調整作業

前段トランジスタ全交換、電解コンデンサー交換、
フィルムコンデンサー交換
一部抵抗交換、ダイオード交換

電源供給部
リレー交換、抵抗交換